□ 足まわり


K-SPORT 車高調整サスキット
レーシングクルー
足まわり、ブレーキ系を中心に次々とオリジナルパーツを発売するレーシングクルー(横浜市金沢区)では、セミオーダー形式で自分好みの乗り心地にセットアップできるサスキットが登場。全長調整式に36段減衰調整を備えながらも、価格は16万8000円。


CUSCO スポーツサスペンションキット ZERO3シリーズ
株式会社キャロッセ
モータースポーツにて実戦テストを繰り返した本格派スポーツサスペンションキット。走るステージにあわせて細かくセッティング可能なニードルバルブ式調整を採用。完全自社製ショックアブソーバーを使用したクスコの自信作です。(※画像はイメージです。)


TANABE SUSTEC GF210
株式会社タナベ
手軽な純正交換タイプのスプリングでバネレート20~30%アップ。車高は20~30㎜でダウンスタイリッシュにローダウンできます。もちろん車検にも対応。(※画像はイメージです)


ENDLESS FUNCTION-X プラス
株式会社エンドレスアドバンス
ワンディングやサーキットなどのハードユースを念頭に開発された車高調キット。アルミにアルマイト処理を随所に施し、軽量化と耐腐食性にすぐれる。(※画像はイメージです。)


DG-5 車高調整サスペンションKIT
株式会社DG-5
サーキットを走るユーザーから絶大な支持を受けるDG-5からついにジェネシスクーペ用車高調KITが発売。30段の減衰力調整とSWIFT製スプリングを採用。オーバーホールや仕様変更にも応じてくれる。


TEIN S.TECH
株式会社テイン
テイングリーンを身にまとった定番のダウンサススプリング。手軽にサスペンションチューニングをしたい人はまずここから手をつけてみてはいかがでしょう。(※画像はイメージです)


TEIN HIGH.TECH
株式会社テイン
見た目だけでなく乗り心地を重視したコンフォータブルダウンサス。「乗り心地・スプリングから発生する異音・へたり」が保証された画期的なローダウンサスです。(※画像はイメージです)


TEIN SUPER STREET
株式会社テイン
16段減衰調整・ねじ式車高調整を採用した、入門用の車高調整式サスペンション。ストリートユースに重点を置いたコストパフォーマンスが高いキットです。(※画像はイメージです)


TEIN COMFORT SPORT
株式会社テイン
16段の減衰調整・ねじ式車高調整を採用し、微低速バルブの採用により上質な乗り心地と優れた操縦性を両立。中級車向けのキットです。(※画像はイメージです)


TEIN MONO FLEX
株式会社テイン
16段の減衰調整に車高調整部には全長調整式を採用した本格的なサスペンションキット。ワインディング・サーキット走行で本領を発揮。(※画像はイメージです)


CUSCO フロントスタビライザー
株式会社キャロッセ
スタビライザーは、クルマのロールを抑制するうえで効果的なセッティングパーツです。乗り心地を確保したサスペンションとの組み合わせで、挙動を安定させるのにうってつけです。


CUSCO リアスタビライザー
株式会社キャロッセ
フロントスタビライザーとともに、リヤのロールを制御することにより、理想的なクルマの挙動を得ることができるリアスタビライザー。セッティングパーツとして欠かせない重要なパーツ。


TANABE スタビライザー
株式会社タナベ
車体のロールを制御するうえで重要となるスタビライザー。TANABEではフロントφ27.5(レート純正比 175%)、リアφ22.0(レート純正比 169%)の強化タイプをラインナップ。


CUSCO フロントロアアーム&テンションロッド
株式会社キャロッセ
純正では固定式のフロントロアアーム&テンションロッドを交換することにより、調整式となり細かなセッティングが可能。また、同時にピロ化される為、ブレーキングの際にも挙動が安定します。


CUSCO リアアッパーアーム&トーコントロールロッド
株式会社キャロッセ
FR車では重要となるリヤ足まわり。この部分を調整式&ピロ化することによりきめ細かいセッティングが可能となる。トラクションセッティングで悩んだらここを変更するものひとつの手です。

.